慶應志木会掲示板

慶應志木会に要望すること、皆様への
お知らせなど自由に掲載してください
画像も表示できます
◆投稿してもすぐには表示されません

なまえ
メールアドレス
タイトル
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

101件中110 (ページNo.1)      ホームページに戻る

第48回枇杷の会、横須賀観音崎灯台句会のご報告 
深瀬啓司(15期枇杷の会) 2019/11/11(月) 20:28:12 No.20191111202812 返信 削除
87,970バイト 32,339バイト
第48回枇杷の会は10月26日、神奈川の観音崎灯台界隈で行いました。
前日の豪雨が嘘のような秋天の午後、浦賀水道を見渡す岬を吟行しました。
本井先生から、俳句を楽しむコツを教えて頂きました。
次にご報告いたします。


(自薦句)
・灯台を辞し色草の磯辺かな      英
・切り通し重なる地層秋の風      伸次
・砲台の遺構に秋日差し込みぬ     孝治
・房総の見ゆる灯台鳥渡る       洋太
・自衛艦ゆったり過ぎて秋の風     善兵衛
・秋澄みて千葉まで見ゆる丘の上    一舟

(本井先生の句)
    ノ   イチマルゴ
・秋潮を熨し自衛艦105
・画眉鳥もうち混じりつつ小鳥来る
・吹鳴器塗りなほされて秋芝に
・時を経たる汐木やさしや秋の蠅
・土踏まずに秋の浜砂やや冷た
・秋のうららの西脇さんの詩碑
・灯台を辞し色草の磯辺かな
  
(本井先生の選句)
・灯台に続く坂道木の実落つ      一舟
・風の音波の音にも素秋かな      一舟
・冬服の防大生や始発駅        一舟
・ひっそりと砲台跡の秋暑かな     洋太
・岬より出船入り船小鳥来る      一舟
・自衛艦ゆったり過ぎて秋の風     善兵衛
・虚子句碑の深字をなぞり秋温し    一舟
・砲台の遺構に秋日差し込みぬ     孝治
・房総の見ゆる灯台鳥渡る       洋太
・秋澄みて千葉まで見ゆる丘の上    一舟
・隧道を抜ければ風や天高し      洋太


2020年の予定は次のとうりです。
6月28日(日)
11月29日(日)

では 

第47回枇杷の会、府中郷土の森句会のご報告 
深瀬啓司(枇杷の会) 2019/7/28(日) 15:09:43 No.20190728150943 返信 削除
83,289バイト
第47回枇杷の会句会は令和元年5月25日(土)立夏の青葉や紫陽花が見頃の
府中郷土の森公園、古民家園の江戸和室で句会を実施しました。
各人の自選句と本井英先生の選句を以下に付けます。
添付の写真は善兵衛さんからです。

(自選句)
・影真下府中の森に夏きたり        伸次
・小満や茅葺き屋根に日が当たる      洋太
・水鉄砲給水役と撃たれ役         次郎
・茅葺きの旧家の土間に涼みをり      善兵衛
・雀の子一拍遅く飛びにけり        たから
・栗の花水車の音の低くして        かおる
・何もなく手足伸ばせる夏座敷       一舟


(先生の選句)
・影真下府中の森に夏きたり         伸次
・復元の校舎はピンク夏の風         伸次
・小満や茅葺き屋根に日が当たる       洋太
・ベビーカーから紫陽花へ手が伸びる     洋太
・遊び場の水音高き芒種かな         洋太
・後ろ前直されてをり水着の子        次郎
・緑陰のテント二つ分の広さ         次郎
・銀やんま池の深さは忘れ去り        次郎
・茅屋きの旧家の土間に涼みをり       善兵衛
・紅蓮の花弁の奥に引き込まれ        善兵衛
・燕の巣五号室までありにけり        たから
・刈り残る十薬すくと立ちにけり       たから
・若竹や滴りながら水ぐるま         かおる
・滝風や青きかへるで揺りあふり       かおる
・緑陰に夫を慕ひし万葉碑          一舟
・重たげに回る水車や夏来る         一舟
・夏座敷隅から隅に風とほる         一舟

次回は2019年10月26日(土)横須賀の観音崎灯台周辺を予定しています。
ご参加宜しく御願い申し上げます。       以上    

私の松永安左エ門関連記述一覧 
馬場紘二 2019/6/20(木) 10:42:13 No.20190620104213 返信 削除
先日、志木高の校地を慶應義塾に寄付してくれた松永安左エ門が、
晩年の25年間を過ごした小田原の松永記念館、老欅荘を見学して
きました。 その見学記を「轟亭の小人閑居日記」というブログに書き
ました。 それに合わせて、長く続けている個人通信「等々力短信」に、
松永安左エ門についての書いてきたものを三編紹介し、過去のブログで
読めるものの、一覧表もつくりましたので、興味のある方はご覧下さい。
松永安左エ門の記念館を見学<小人閑居日記 2019.6.16.>
http://kbaba.asablo.jp/blog/2019/06/16/9087545
私の松永安左エ門関連記述一覧<小人閑居日記 2019.6.20.>
http://kbaba.asablo.jp/blog/2019/06/20/9089623
                      10期 馬場紘二

慶應志木高創立75周年記念ポロシャツ 
松下賢次 2019/4/23(火) 13:22:36 No.20190423132236 返信 削除
https://www.itokin.net/d/item/detail/KHKGG60129
本日より、イトキンオンラインで慶應志木高創立75周年ポロシャツの販売を開始しました。

5月25日、枇杷の会、府中郷土の森公園句会のご案内 
深瀬啓司(枇杷の会) 2019/4/21(日) 14:32:08 No.20190421143208 返信 削除
慶應志木会・枇杷の会の皆様!                                            

柿若葉が眩しい季節になりました。
今回は、多摩川沿いの武蔵野の散策と、江戸・明治・大正の古民家園の旧宅を吟行しようと思います。
魚影の濃い多摩川の清流を愛でながら、ゆったり自然と触れ合う季節ではないでしょうか。

本井英先生もご参加頂けるそうです。
                          
多数の皆様のご参加をお願いします。

ご友人ご家族で俳句の経験のない方も大歓迎、見学でもお待ちしています。
一度誘って頂けませんか?

集合日時:平成31年5月25日(土)12:30
集合場所:JR武蔵野線・府中本町駅の改札(一か所)を出た処
句会場 :府中郷土の森公園内、古民家園の江戸和室を予約、15時00分投句締切 投句7句
会場は13:00〜17:00枇杷の会で予約してます。
府中市矢崎町5−5
Tel:042-364-7214

会  費:1千円

懇親会 :句会後に駅の近辺を想定しています。(希望や候補があればお願いします)
近所のサントリー武蔵野ブルワリー工場も候補です。
ご参加いただける方は、深瀬(発信メール、或いは携帯:090−9342−8475)または志木会事務局 星野様(メールCC:にあり)まで

以上 幹事:深瀬啓司

第46回枇杷の会、晩秋の蘆花恒春園句会のご報告 
深瀬啓司(15期) 2018/12/30(日) 15:41:55 No.20181230154155 返信 削除
58,162バイト 41,352バイト
11月24日(土)の枇杷の会は武蔵野の面影が残る小春日和の蘆花恒春園を句会しました。
各人の自選作とご指導頂いている本井英先生の選句を以下に付けます。
添付の写真は善兵衛さんからです。


(自選作)
・松の木に職人二人冬支度           伸次
・咲き誇ることなけれども枇杷の花       孝治
・蘆花愛子隣て眠る冬ぬくし          洋太
・茅屋の渡り廊下に冬日射す          善兵衛
・冬来るつるっぱげなるサルスベリ       貴良
・文豪の夫婦塚とや菊二対           一舟

(先生の選句)
・冬浅し人も集まるドッグラン        伸次
・松の木に職人二人冬仕度          伸次
・枯枝の細きを空へ広げたる         孝治
・咲き誇ることなけれども枇杷の花      孝治
・主なき旧邸の庭枇杷の花          孝治
・大きかり蘆花旧宅の古火鉢         洋太
・九尺の古き文机秋灯            洋太
・茅葺きの書院へ釣瓶落しの日        洋太
・茅屋の奥の書院や身に入みて        善兵衛
・茅屋の渡り廊下に冬日射す         善兵衛
・茅屋根に突きささりたる落葉かな      貴良
・熟れし実の色そのままに柿落葉       貴良
・裏木戸は進入禁止冬ざるる         一舟
・縁側は小春日和や鳥去来          一舟


次回は2019年5月25日(土)(府中・郷土の森を想定)、次次回は10月26日(土)です。
ご参加宜しく御願い申し上げます。       以上    
                      

11月24日、枇杷の会、蘆花公園句会のご案内 
深瀬啓司(15期) 2018/11/12(月) 07:34:49 No.20181112073449 返信 削除
今回は、晩秋の武蔵野の散策です。明治・大正の文豪、徳富蘆花の旧宅を中心に吟行しようと思います。
志木会大会も終了し、ゆったり、落ち着いて自然と触れ合う季節ではないでしょうか。

本井英先生もご参加して頂けるそうです。
                          
多数の皆様のご参加をお願いします。

ご友人ご家族で俳句の経験のない方も大歓迎、見学でもお待ちしています。
一度誘って頂けませんか?

集合日時:平成30年11月24日(土)12:30
集合場所:京王線蘆花公園駅改札を出た処、
句会場 :蘆花恒春園内の愛子夫人の離れを予約、15時00分投句締切 投句7句
会場は13:00〜16:00枇杷の会で予約してます
〒世田谷区粕谷1−20−1
Tel03-3302-5016

会  費:1千円

懇親会 :句会後に駅の近辺を想定しています。
(希望や候補があればお願いします)

ご参加いただける方は、深瀬(発信メール、或いは携帯:090−9342−8475)または志木会事務局 星野様(メールCC:にあり)まで

以上 枇杷の会幹事:深瀬啓司

志木校キックオフ飲み会(1994年三田会) 
笹川篤史(40期) 2018/6/30(土) 13:20:19 No.20180630132019 返信 削除
40期の皆様

1994年三田会志木高幹事の奥野君の依頼で、アナウンスしています。
7月18日(水)に志木校キックオフ飲み会を予定しています。
場所:東京駅付近、
開始時間:18:30or19:00
の予定です。
人数把握のため、こちらの伝助にアクセスして出欠の登録をお願いします。
https://densuke.biz/list?cd=DJB9KJQ6KeS9K5MK

お店選びの関係で、出席可能な人は早めに登録してもらえると助かります。

第45回、枇杷の会鎌倉二階堂句会のご報告 
深瀬啓司「15期) 2018/6/28(木) 08:04:39 No.20180628080439 返信 削除
21,108バイト
志木会枇杷の会の皆様

第45回枇杷の会句会は6月23日、静かな梅雨の谷戸を吟行しました。
頼朝の建立した永福寺は修復が進んでおり、二階堂川周辺は紫陽花が見事でした。
句会場の鎌倉虚子立子記念館は居心地もよく、駅中の小料理屋で懇談を楽しみました。
本井先生には俳句を楽しむ方法を教えて頂きました。歳時記を勉強するより句会に多数参加し、
口ずさんで楽しいリズム感の良い句を作るのが良いようです。                                                                  
では昨日の句会の報告をいたします。

(本井先生の選句)
・谷戸道に雨降りかかる草茂る      紘二
・解けんと芭蕉巻葉の伸び上る      孝治
・阿弥陀堂跡の礎石に五月雨るる     孝治
・梅雨ものかは弾む遠足傘の列      紘二
・若竹と句碑立ち並ぶ記念館       伸次
・雨止まぬ二階堂川濃紫陽花       孝治
・老鶯の声こごもれる雨の谷戸      孝治
・館の裏パッと一面梅雨茸        一舟
・渋滞をやっと抜け出す梅雨のバス    孝治
・下闇の先へ先へと続く道        孝治
・ぺらぺらの浴衣の娘雨の中       紘二 
・人の居ぬテニスコートは梅雨に濡れ   伸次

(本井先生の御句)
・老鶯を画眉鳥まぜつかへしたる
・花合歓の衰ひに雨容赦なく
・青梅雨や鎌倉山の裾見えて
・またここに谷戸径分岐梅雨ふかし
・沖縄の日と思ひつつ傘掲げ
・梅雨濁りそこそこにして鮠(ハヤ)群るる
・句碑たくさん五月雨萩の庭にして

当日の写真を添付します。
ご協力有難う御座います。

次回は2018年11月24日(土)、の予定です。
多数の皆様の参加をお願い致します。

では 深瀬

第45回枇杷の会、初夏の鎌倉虚子記念館界隈句会のご案内 
深瀬啓司(15期、枇杷の会) 2018/5/23(水) 08:14:19 No.20180523081419 返信 削除
志木会枇杷の会の皆様

今回は、初夏の鎌倉二階堂界隈です。青葉眩しく紫陽花見頃の時期,
鎌倉宮、永福寺、覚園寺を吟行しようと思います。
鎌倉の奥座敷で山の風に吹かれてゆったりノンビリ、自然と触れ合う良い季節ではないでしょうか。

本井英先生もご参加頂けるそうです。
                          
多数の皆様のご参加をお願いします。

ご友人ご家族で俳句の経験のない方も大歓迎、見学でもお待ちしています。
一度誘って頂けませんか?

集合日時:平成30年6月23日(土)12:30
集合場所:JR横須賀線鎌倉駅東口改札を出た処、
句会場 :虚子立子記念館の会議室、16時00分投句締切 投句7句
会場は13:00〜17;00枇杷の会で予約してます
〒鎌倉市二階堂231−1
Tel0467-61-2688

会  費:1千円

懇親会 :句会後に鎌倉駅の近辺を想定しています。
(希望や候補があればお願いします)

ご参加いただける方は、深瀬(発信メール、或いは携帯:090−9342−8475)または志木会事務局 星野様(メールCC:にあり)まで

以上 枇杷の会幹事:深瀬啓司


[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]  次へ

管理〔0〕 MiniBBS